コロナ禍で外食に行くときに持参したいもの。アルコールスプレーとアルコールスプレーを使う場面、マスク入れ(ビニール袋)と新しいマスクと手持ちマスク(持ち帰るビニール袋)、Go To Eat食事券

コロナ禍の最近では、外食に行くのも注意しなくてはいけなくなってきましたね。
大人数での外食はもちろんしませんが、少人数なら大丈夫!というわけでもないですよね。

コロナ禍での外食で、「持参したいものを、ご紹介します。




コロナ禍での外食で持っていったほうがいいもの その1 「アルコールスプレー」

外食に行くと、お店によっては、各テーブルにアルコールスプレーが置いてあることがあります。

でも、たいていは入り口だけとかではないですか?

わたしは、外食時はいろんな場面でアルコール消毒したくなるので、自分用のアルコールスプレーを持参するようにしています。



わたしはアルコール対応のスプレー容器に、高濃度アルコールを入れて、持ち歩いています。

アルコールは引火性があるので、火気厳禁です。火事にくれぐれもご注意ください!

スプレー容器は、アルコール対応のものをお選びください!




コロナ禍の外食で持参の「アルコールスプレー」を使いたい場面1 【メニュー表を触った後】

メニュー表、おそらく、1組のお客さんが見たあとで、毎回、消毒されていると思います。

でも、その消毒してくれている場面を見ていないので、ちょっと不安です。

申し訳ないながら、自分のアルコールスプレーで手指消毒します。

コロナ禍の外食で持参の「アルコールスプレー」を使いたい場面2 【スマホを触った後】

わたしは、注文したお料理が運ばれてくるまで、スマホを見ていることが多いです。

スマホは、ときどき消毒はしていますし、自分しか触らないので、大丈夫とは思いますが、スマホを触った後は、手指の消毒がしたくなります。

コロナ禍の外食で持参の「アルコール」を使いたい場面3 【入り口の扉やトイレなどのドアノブを触った後】

店の入り口やトイレなどのドアノブの取っ手に触った後に手指を消毒したいのですが、店に設置してある消毒設備で消毒し忘れて、席についてしまうことがあります。

そんなとき、自分のアルコールスプレーを持参しているといいです。




コロナ禍の外食で持参の「アルコールスプレー」を使いたい場面4 【会計が終わったあと】

ファストフード店では、お会計が先ですよね。

お金を触った後では、手指消毒したいです。

でも、お店の消毒液は店内の決まった場所に置かれていて、自分の座っている席から離れていることが多いです。

誰かと行っている場合はいいですが、一人のときはちょっと困ります。

自分の手荷物を持って、消毒しにいくと、席が他の人にとられてしまうかもしれないし、手荷物を持たないで、消毒しにいくと、手荷物を誰かに持っていかれてしまうかもしれません。

「まあいいか、なるべく口に入れるものを直に触らないようにすれば・・・」となることが多いです。

そういうとき、アルコールスプレーを持参していると便利です!

食べるとき、お箸やフォークやスプーンを使うものなら、手指の消毒も、そこまで神経質にならなくてもいいのかな・・・と思います。

でも、サンドイッチやハンバーガーなどは、手が触れることがあると思うので、それらを持つ直前に、もう一度手指消毒したいです。

コロナ禍での外食で持っていったほうがいいもの その2「外したマスクを入れておくビニール袋」


↑ ビニール袋

食事をするときには、必ずマスクを外さないといけませんが、そのときに、マスクを置く場所に困ります。

たいてい、カバンの中に入れたり、上着のポケットにたたんで入れたりしていました。

でも、カバンや上着にウイルスがついているかもしれませんよね。

逆に、使ったマスクにウイルスが付いている可能性もあります。

マスクが最近、品薄が解消されてきたので、食事前までつけていたものはビニール袋に入れて、家に帰ったら捨ててしまい、食後は新しいマスクをつけることにしたほうがいいのかなと思います。




コロナ禍での外食で持っていったほうがいいもの その3「新しい清潔なマスク」


食後は持参した新しい清潔なマスクをつけるようにしたいです。

新しいマスクを取り出したり、着用する前には、手指をアルコール消毒してからがベストと思います。

コロナ禍での外食で持っていったほうがいいもの その4「手持ちマスク」と「(手持ちマスクを置いておく)ビニール袋」



↑ ビニール袋 

テーブル上にパーテーションがあるといいですが、そうでないお店も多いです。

同居している家族としか外食には行きませんが、同居する家族といえども、お互いが感染してないとも限りません。

また、無言で食べよう!と申し合わせていても急にくしゃみが出そうになることがないとも言えません。

そんなとき、手持ちマスクがあるといいと思います。

そして、ビニール袋は、それを裏返しにひっくり返して、きれいな面を外側にして、テーブルの上に置きます。

それを「手持ちマスクを使わない時の置き場」として使います。

食事が終わり、店から退出するときは、「手持ちマスクを持ち帰るゴミ袋」として、使います。

コロナ禍での外食で持っていったほうがいいもの その5 「GoToEat 食事券」

都道府県によって違います。

販売終了は2021年1月31日です。

利用期間は 2021年3月31日までですので、GoToEat食事券が利用できるお店で外食をする予定のある方は、販売期間が終了する前に買っておかれることをおすすめします。

金額の25%もお得なチケットです。

チケットが使えるお店だったら、使わないともったいないので、ぜひ使いましょう。

都道府県によって、コンビニでは売り切れていたり、ネット販売は終了していたりします。

スーパーなどでは、まだチケットが残ってたりすることもあるようなので、あらかじめご使用になりたい地域のチケット販売情報を確認して、購入してから、お食事に行かれることをおすすめします。

ちなみに東京都はこんな感じです。

【公式】Go To Eat キャンペーン Tokyo購入金額より25%お得
「Go To Eat キャンペーン Tokyo」コロナ対策を頑張っている東京の飲食店を応援するキャンペーンです。

お読みいただき、ありがとうございました。

感染対策を十分にして、外食を楽しみましょう!




タイトルとURLをコピーしました